logo
2019年05月24日(金)

八ヶ岳・ナースログ ②

撮影:西原 寬

ナースログ(風倒木): 森を歩いているとよくわかるんですけれども、 斧が入ったことがない、 人が入ったことがない森、 というのがそこらじゅうにいっぱいある。 それで土が露出していないで、 シダやらなんかに覆われていますが、 草とも苔ともつかないもので森の床全部が覆われている。 それから風倒木が倒れてたおれっぱなしになっている。 これが実は無駄なように見えて実に貴重な資源なのであって、 風倒木がたおれっぱなしになっていると、 そこに苔が生える、 微生物が繁殖する、 バクテリアが繁殖する、 土を豊かにする、 小虫がやってくる。 その小虫を捕まえるためにネズミやなんかがやってくる、 そのネズミを食べるためにまたワシやなんかの鳥もやってくる、 森にお湿りを与える、 乾かない。 そのことが河を豊かにする。 ともう全てがつながりあっている。 だからあの風倒木のことを、 森を看護しているんだ、 看護婦の役割をしているんだ。 というのでナースログ(nurse-log)というんですけれども、 自然に無駄なものは何もない、 というひとつの例なんです。                             開高健名言集より

nikon D850 f/5.6 +0.3 1/100sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc:Ls  wb: auto

nikon D850 f/2.5 -1.3 1/500sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: A wb: auto 00

nikon D850 f/2.5 -0.7  1/40sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: A wb: auto 00

nikon D850 f/10 -1.0  1/40sec. Iso-250 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 00

nikon D850 f/3.2 -1.0  1/100sec. Iso-200 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: A wb: auto

風倒木を土台にして新しく若木が目をだし、そして育っていきます。途方もない年月をかけ森が再生していきます。   大切に、西原からのお願いです

2019年05月24日(金)

八ヶ岳・白駒池 ①

2019.05.23          撮影:西原 寬

標高:2120m の麦草峠からすぐのところ、初夏を思わせる好天気ですが一歩中に入ると残雪や芽吹きの始まった「山桜」など。ここでの初夏はもう少し後でしょうか

nikon D850 f/5 +0.3 1/320sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 00

nikon D850 f/10 +0.7  1/50sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Ls wb: 自然光A

nikon D850 f/8 -0.3 1/200sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

nikon D850 f/10 +0.3 1/160sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: A wb: auto 00

nikon D850 f/20  1/40sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: A wb: auto 00

狭山の自宅を5:00AMに出て、むかし通いなれたR299。

途中「十国峠」が災害復旧工事のため全面通行止め。そうとは知らず迂回を余儀なくされ、到着が遅くなり10:30AMで180kmの道のり。途中の景色を見ながら一般道を走るのが個人的には好きです。  西原 寬

2019年05月18日(土)

art biotop 水庭 ③

2019.05.15  撮影:西原 寬

nikon D850 f/2.8 +1.0  1/125sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/2.5 +0.3 1/400sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/3.5   1/125sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/2 +1.3  1/320sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

2019年05月17日(金)

art biotop 水庭 ②

街道沿いにはツツジが花を咲かせ少しづつ華やいできた那須高原です

幹線道路から一歩中に入りましと、都会にはない静けさ。そしてゆっくりと流れる時。

しばしこの中に身をゆだねます

nikon D850 f/18  1/30sec. Iso-250 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/13 +1.0  1/20sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/2 +1.0  1/200sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/3.5 +0.7  1/400sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

2019年05月16日(木)

art biotop 水庭 ①

2019.05.15

那須をはなれて3か月、来ました那須へ。

多くの思い出のある「二期倶楽部・art biotop 水庭」へ

春の撮影を!

nikon D850 f/8   1/30sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/8  1/320sec. Iso-250 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

nikon D850 f/2.8 +0.7  1/125sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Ls wb: auto

nikon D850 f/2+0.3 1/320sec. Iso-64 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: 自然光A

「水庭」はこのあと2作続きます  撮影:西原 寬

2019年05月12日(日)

顔 振 峠

2019.05.11    撮影:西原 寬 

ルート299 秩父に向かうこの国道は何度となく通りましたが、途中の「顔振峠」には立ち寄ったことがなく少し寄り道を

植林の杉林を散策

nikon D850 f/2.8-0.7 1/100sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(200mm) F2.8 G ED VR II  pc: Sd wb: auto 01

nikon D850 f/2.8-0.7 1/80sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(135mm) F2.8 G ED VR II  pc: Sd wb: auto 01

nikon D850 f/2.8-0.7 1/30sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(70mm) F2.8 G ED VR II  pc: Sd wb: auto 01

2019年05月06日(月)

竹 林

2019.03.30  撮影:西原 寬

埼玉県のあるお寺の庭

nikon D850 f/2.8 +3.3  1/30sec. Iso-250 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 

nikon D850 f/2.8 +1.0 1/80sec. Iso-250 Carl Zeiss Milvus 18mm F2.8 ZF.2 

2019年05月05日(日)

蒲公英(タンポポ)の綿毛

2019.05.05  撮影:西原 寬

nikon D850 f/5 +1.3 1/100sec. Iso-800 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

nikon D850 f/5 +1..3 1/125sec. Iso-800 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

2019年05月03日(金)

NISHIHARA の実家 ④

型染め

柿渋で張り合わせた和紙に、図案にそって輪郭が カチッとする引き彫りや、やわらかな感じの出る 突き彫りなどの技を自在に使い分けて型を掘りぬいて いきます。模様の粗密、色数の多少によって、型紙の 数は平均で50、多いときは100枚にもなります

                               資料:京都タカシマヤ より引用

nikon D850 f/5-2.7  1/15sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

nikon D850 f/5 -0.7  1/80sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Ls wb: auto

nikon D850 f/5 -1.0  1/40sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

型染には大変多くの刷毛が必要となり、写真はその中でのほんの一部にしか過ぎません。

 撮影:西原 寬 nishihara hiroshi    

作業現場を見せる事はなく、まして撮影は禁止されていますが、兄弟としての観点から今回特別に撮影いたしております。

画像のコピーはお断りいたします

2019年05月03日(金)

NISHIHARA の実家 ③

地染め

花柄などの模様部分を染める友禅染めに対して、 模様の背景となる絹地全体の色を染めるのが、地染めです。 地染めの方法はいくつかありますが、 反物を長くピンと張って刷毛で染め付ける技法を引き染めといいます。 ぼかし屋の地染めは引き染めで行います。 さらに、生地をすべて同じ色調で塗りきるのではなく、 模様に合わせて色に濃淡をつける技法をぼかし染めと呼び、 この技法を応用して、染め分け(生地一反を複数色で染め分けること)も行います。

nikon D850 f/4   1/400sec. Iso-1250 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

nikon D850 f/4  1/800sec. Iso-1250 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

 撮影:西原 寬 nishihara hiroshi    

作業現場を見せる事はなく、まして撮影は禁止されていますが、兄弟としての観点から今回特別に撮影いたしております。

画像のコピーはお断りいたします。