logo
2019年05月03日(金)

NISHIHARA の実家 ④

型染め

柿渋で張り合わせた和紙に、図案にそって輪郭が カチッとする引き彫りや、やわらかな感じの出る 突き彫りなどの技を自在に使い分けて型を掘りぬいて いきます。模様の粗密、色数の多少によって、型紙の 数は平均で50、多いときは100枚にもなります

                               資料:京都タカシマヤ より引用

nikon D850 f/5-2.7  1/15sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

nikon D850 f/5 -0.7  1/80sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Ls wb: auto

nikon D850 f/5 -1.0  1/40sec. Iso-400 Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZF.2 pc: Nl wb: auto 01

型染には大変多くの刷毛が必要となり、写真はその中でのほんの一部にしか過ぎません。

 撮影:西原 寬 nishihara hiroshi    

作業現場を見せる事はなく、まして撮影は禁止されていますが、兄弟としての観点から今回特別に撮影いたしております。

画像のコピーはお断りいたします