logo
2020年06月27日(土)

行田の「 古 代 蓮 」1

蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつです。およそ1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたといわれています。

行田市の“天然記念物”に指定されている行田蓮(古代蓮)は原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると言われています。今から約2000年前、「古代蓮の里」一帯は、たくさんの水生植物が茂る湿地帯でした。そこには、蓮の花も咲いていました。そのとき咲いていた蓮の実が地中深くもぐり、ふたたびあたたかい陽射しをあびるまでの長い長い眠りにつきました。

小針地内に新しい焼却場施設を建設するための造成工事をはじめました。掘削によってできた場所に水がたまって池となり、地中深く眠っていた蓮の実が静かに目覚めたのです。

2020.06.26

撮影:西原 寛


nikon D850 f/3.2 -0.7ev 1/250sec. Iso-64 pc: Nl wb: 5000k  /  AF-S Nikkor 70-200mm(145mm) F2.8 G ED VR II


nikon D850 f/3.5 1/320sec. Iso-64 pc: Nl wb: 5000k  /  AF-S Nikkor 70-200mm(105mm) F2.8 G ED VR II