庭には

2016.02.08  14:10pm

「ミニアイリス」: 山樹庵の庭で咲き始めました

≪ 那須高原・山樹庵だより ≫

4856Lr (1 - 1)p2

nikon D810 f/5.6+0.7 1/20sec. Iso-100 wb:温白色蛍光灯3 A1.0G1.0 PC/Ls                                                             nikon Ai Micro-Nikkor 105mm F2.8S

現像:Lr 

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2016年02月28日(日) 山樹庵 | 自然: 那須編

 月光

2016.02.11  16:45pm & 17:45pm

那須連山に沈む夕日 と 月光 ・ ・ ・ 雲一つない静寂に包まれた世界

≪ 那須高原・山樹庵だより ≫

4850Lr (2 - 1)p2

nikon D810 f/4-0.3 1/1600sec. Iso-64 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(35mm) F2.8 G ED

4851Lr (2 - 1)p2

nikon D810 f/4 wb/白色蛍光灯4 1sec. Iso-64 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(35mm) F2.8 G ED

現像:Lr

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2016年02月12日(金) 自然: 那須編

 茶臼岳登山

2016.02.08 13:35pm

快晴のはずが?。。。 天気予報ですと、最高の一日になる予想をし入山しました。 風、雪雲に悩まされ 僅かな晴れ間を見つけての撮影。 この日は20人ぐらいの方たちと出会い、そして愛想の良いラブラドール一匹にも出会いました(剣が峰にトラバースで登頂したラブ君です)。その後、峰の茶屋非難小屋の中での昼食・小屋内温度-9℃

≪ 那須高原・山樹庵だより ≫


4849Lr (2 - 1)p2

nikon D810 f/16-1.0 wb/白色蛍光灯4 1/1000sec. Iso-160 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(24mm) F2.8 G ED

現像:Lr

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2016年02月08日(月) 自然: 那須編

 限定ワイン 追加入荷

マルセル ダイス

 Marcel Deisss [2012]   マルセル・ダイス リースリング’12    750ml
   アルザス地方
   リースリング100%
   生産者:ジャン・ミッシェル・ダイス
現代アルザスワインの頂点を極めるマルセル・ダイス
二つの銘醸畑の良いところだけを抽出した、ファン垂涎のリースリング
『個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現すること』    
かつては最も大きく表示されていた品種名が、彼の活動のおかげで畑名を品種名より大きく表示するよう改正された上、品種名の表示義務は無くなりました。アルザス特有の土地の味を最大限に引き出すためには、ブドウは複数ブレンドされるべきだという考え方から造り出された。
 2005年ヴィンテージ以降、別々に商品化されていたサン・イポリットとベブランハイムをブレンドし、一本のワインとして生まれ変わりました!! 酸がきりりと立ち、しっかりとした構造を持つサン・イポリットと、レモン、白桃、パイナップルの豊満な果実味に溢れ、フィネスとエレガンスを両立させるベブランハイムの長所だけを良いところ取りした、 奇跡とも言うべき逸品なのです

  ≪ 那須高原・山樹庵だより ≫

2016年02月05日(金) ワイン入荷情報 | 限定ワイン

 限定ワイン 入荷

ラサ RAZA Reserva Selección [2008] ラサ・レセルヴァ・セレクシオン’08    750ml 
  DOCaリオハ
  テンプラニーリョ 100%  
  樽熟 :18ヵ月
  平均樹齢 :65年〜80年
 ラサ(RAZA)とはスペイン語で“種(しゅ)”を表す言葉ですが、スペインでは同時に勇敢さ、力強さ、情熱などを意味し、人間、起源、伝統、そして勇敢な動物を連想させる言葉でもあります。 スペイン国内に7軒あるミシュラン最高峰3つ星レストランのうち、なんと5軒のワインリストに(その中には世界一予約が取れないと称されるレストラン「エル・ブジ」も。創設は1998年。スペインの実業家、マスティネル一族のホセ・ルイ・ミラグロ氏によってつくられました。ワインを愛するミラグロ氏は、ワイナリーで働いていた仲間を集め、最高のクオリティーのワインを造り出すという目的を掲げ、創設以来、ハイクオリティーこそがアルタンザの信念です。すべて手摘 みで収穫されたぶどうは最新の醸造施設で、徹底した管理の下で醸造されます。輝きのある中くらいの濃さの赤紫色。ハイビスカスを連想させる温かみのある色合いが印象的です。ラズベリー、コンポートのアンズの香り。バラの花のような可憐な香りとともに、樽のスパイスも。酸味と果実味がよく溶け合い、なめらかな甘味がアタックから出ています。
WA:95

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボッカ BOCCA DI LUPO [2010] ボッカ・ディ・ルポ ’10    750ml 
  イタリア・プーリア州
  アリアニコ 100%
  ワイナリー:トルマレスカ
 「南のバローロ」の異名を持つボッカ・ディ・ルポ
 アンティノリ26代目現当主、ピエロ・アンティノリ氏は、プーリア州の魅力について、「この地の太陽、土壌、大 地、気候、恵み、歴史、文化、食事に可能性を感じただけでなく、この地にはたくさんのブドウ品種があり、   その数だけ 挑戦できる。トルマレスカでは「エレガントでトップクオリティのプーリア産ワインを造り出す」とい  う信念のもと、アンティノリが培ってきた経験と技術を駆使し、土着品種を使った魅力的なワインが生産されて います。ブドウは全てオーガニック栽培で特に火山質の土壌と相性の良いアリアニコ種の栽 培に力を入れて おり、収穫も選果も全て人の手で行われてます。このワインは、力強く色合いも濃厚。赤果実の香りにバニラ  や白コショウのスパイシーなニュアンス。飲み口はソフトで、じわじわと口中にタンニンが広がりをみせます。まさにアンティノリが掲げる「エレガントでトップクオリティのワインを造り出す」という信条を表す1本です。
WA:93+点

≪ 那須高原・山樹庵だより ≫

2016年02月04日(木) ワイン入荷情報 | 限定ワイン