遊行柳

2017.04.23  14:30pm

風たなびく田園風景 /田んぼに水が入りました、もうすぐ「田植え」ですね

nikon D810 f/5.6+1.0 1/800sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(60mm)トリミング  F2.8 G ED

nikon D810 f/4.5+0.7  1/1600sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(60mm) F2.8 G ED

現像:Lr

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2017年04月23日(日) 自然: 那須編

 芦野城址

2017.04.16  11:30am

那須歴史探訪館と、御殿山の桜

天正年間(通称 御殿山、桜ケ城)御殿山ともよばれ4月中旬全山桜に覆われる。天正18年(1590) 芦野盛泰が築いたというが、また天文年中(1532)資興が太田道灌の築城法によって構えたとも いわれている。その形式よりみると、それ以前の築城とみられる。当時芦野は那須七騎の一家であり、 それ以来明治の廃藩まで芦野家の陣屋であった。また城趾にある高野槇は、築城記念樹だといわれ 樹齢400年以上で、県の天然記念物である。

nikon D810 f/10  1/400sec. Iso-320 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(24mm) F2.8 G ED

遊行柳と同じエリアの芦野 山樹庵より車で30分。見頃です

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2017年04月16日(日) 自然: 那須編

 遊行柳

2017.04.15 10:30am

那須/芦野 遊行柳

芭蕉は、西行ゆかりの遊行柳に心を寄せ、元禄2年(1689年)4月19日(新暦6月6日)、殺生石を見物したあと遊行柳に立ち寄った。「おくのほそ道」には、あこがれの遊行柳の地に立った感慨が、芦野民部資俊の誘い話に続けて、「今日此柳のかげにこそ立より侍つれ」と記されている。

 「田一枚植て立去る柳かな」の句碑がある

nikon D810 f/3.5  1/1000sec. Iso-64 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(70mm) F2.8 G ED VR II

nikon D810 f/5.6  1/400sec. Iso-64 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(70mm) F2.8 G ED

nikon D810 f/6.3 +0.3  1/160sec. Iso-400 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(70mm) F2.8 G ED

御殿山(芦野城址)のソメイヨシノは、あと2~3日で満開を迎えると思います

山樹庵から車で30分の距離

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2017年04月15日(土) 自然: 那須編

 カタクリの花

2017.04.13 10:30am

山樹庵の庭にひっそり咲く カタクリ

今朝は霜が降り、霜柱が立つほどの気温となりましたが、春は確実に少しづつ那須高原にきています。

バックのぼかしてます白い花は、「いちりん草」です

nikon D810 f/4.5 1/250sec. Iso-160 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(200mm) F2.8 G ED VR II

現像:Lr

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2017年04月13日(木) 山樹庵 | 自然: 那須編

 稲荷山の春

2017.04.04 10:30am

東那須野公園の梅と水仙

nikon D810 f/6.3+0.3 1/320sec. Iso-100 nikon AF-S Nikkor 70-200mm(175mm) F2.8 G ED VR II

nikon D810 f/2.8+0.7  1/640sec. Iso-64 nikon AF-S Nikkor 24-70mm(70mm) F2.8 G ED

山樹庵sanju-an から車で10~15分の距離、まさかの事故に。

「茶臼岳・なだれ事故」から1週間を過ぎ大変な事故に心が折れ、信じられない出来事に二度と繰り返してはいけないと深くこころに刻みました。ご冥福をお祈り申し上げます

現像:Lr

山樹庵 sanju-an 撮影・西原 寬

2017年04月04日(火) 自然: 那須編