旧青木那須別邸

 国指定重要文化財

 

ドイツの建築様式で建てられた旧青木那須別邸の辺りには、春はポピー、夏はひまわり、秋はコスモスが一面に咲きます。猫足のバスタブ、芦野石で作ったペチカ(輻射熱の蓄熱暖房)などレトロな雰囲気を楽しめます。 庭に放った鹿の狩猟あとには、ヨーロッパ貴族の遊びを那須に持ち込む青木周蔵が伺えます。

山樹庵より、お車で約35分(那須街道を下り、県道30号から板室街道へ)

より大きな地図で 旧青木那須別邸 を表示

旧青木那須別邸ページへ